酵素サプリは、食物酵素や乳酸菌などを凝縮して作られた健康食品です。なので、健康的になっていく効果を期待できますが、目的となる効果以外の効果(side effect、副作用?)があるのか気になるところではないでしょうか。

 

副作用とは?

 

副作用は、英語で、side effect。英語では、目的としているものではない、効果のことを言います。

 

日本語では、効果があるというのは、口に入れるものだと、健康食品には使えず、薬として認められたものにしか用いません。その関係で、副作用というのも、医薬品を飲んだ時に、本来の効果ではない効果が表れたときに用いるができます。

 

なので、医薬品ではない、酵素、生酵素では、効果も副作用も日本語として使ってはいけないということになってしまいます。

 

酵素サプリの副作用?

 

でも、酵素サプリには、酵素や乳酸菌、その他の栄養素がたくさん入っているので、その成分の効果が出るんじゃないのかというと、成分からの効果は期待できます。

 

その成分の効果が強く出ることによって、Side Effectが出てくることがあります。

 

でも、それらは、酵素サプリに効果があるとか、副作用という言葉を使わずに別の言葉を使わないといけません。

 

効果がある、副作用があると言い切ってはいけないことになるんですね。

 

なので、酵素サプリの場合には、効果がある場合には、長期間飲み続けることで、健康的な体になっていくことが期待できるとか、限定しないように表現しなければいけないようです。

 

英語でside effectはside effectなんだけど、副作用の場合にも、好転反応とか、アレルギー反応とか言い換えなければならない。

 

健康食品は効果があるとか副作用があるとかないとか、限定するといけないので表現に注意しなければいけません。

 

効果あり?効果なし?

 

日本では海外で認められた薬でも、日本で認められていなければ薬となりません。日本で認められていなければ、効果があるとか副作用がとか、使うことができないことになってしまいます。

 

漢方薬だって、薬だけど、薬だけど副作用がある。でも、よくわかっていないからないことになっている。

 

それを作っている植物に効果効能はあると使える。

 

どの成分なのか特定できていれば、その成分については効果があると使える。

 

でも、効果や効能、副作用がある成分を使って作られたものは、効果があるとは使ってはいけない。

 

成分自体には効果があるが、それを使って作られたものは効果も副作用もない。

 

なので、医薬品として、日本で認められていない酵素は効果も副作用もありません。

 

海外で医薬品とされる酵素もありますが、それも日本では効果なしになります。認可されるまでは医薬品として取り扱うことができません。

 

酵素の好転反応とアレルギー反応

 

酵素サプリを飲んだ時にまれに起こる症状として、頭痛、下痢、発熱、倦怠感、体調不良、アレルギー反応など様々な症状が現れる場合があります。

 

アレルギー反応は、酵素の中に使われる原材料や成分に対する反応なので好転反応とは違いますが、これらの好転反応とアレルギー反応が、酵素を飲んだ時に起こるSide Effectで注意しなければいけない反応です。

 

酵素と言えば、酵母や菌類を使って発酵させたもの。なので、発酵が進んでいたり、体に合わない場合に強い反応が出てしまうこともあります。

 

なので、好転反応、アレルギー反応が強く出てしまった際には、酵素サプリを食べる、飲むのをやめ、反応が強いなら医療機関へ受診するようにすることが大事です。

 

と言っても、酵素自体は、健康食品であるので、ほとんどの人にはSide Effectもでず、体の体の調子を整えるのに大切な成分です。

 

シッカリ摂取することで良い体調を維持するのに役立ちます。

 

酵素サプリおすすめランキングはコチラ